体験40 「双子の家出少女を実際に家に泊めた人っていますか?」

管理人様

いつもこちらのサイトを参考に、遊んでいます。
スタルヒン(32歳)です。

この間の私の、おいしい体験談をここで披露しようと思います。


実は、21歳の女の子と、3Pをすることができたんです。しかも、相手の女の子は双子です。一卵性だからめちゃくちゃ似ているので、服を脱がせるとどちらがどちらなのかわからなくなるのですが、アソコの毛のそり方が微妙に違って、水着ラインように小さくまとめているのがお姉さん、そのまま生えているのが妹さんでした。

栄倉○○にそっくりな二人は、丸顔で肌もふっくら。もちもちしたほっぺとオッパイが手に吸い付くようで、最高でした。

 

ちなみに、アソコの具合はそっくりです。お姉さんとはシックスナインをしたので、かなり濡れ濡れになっていて、挿入しやすかったのですが、入れてみると中のきつさも深さも、ほとんど違いがないような感じがしました。

二人は大の仲良しで、アソコの毛の形だけが違うだけ。
「ふたり、何でも一緒じゃなきゃいやなの」
というだけあって、なんと、中出しも1回ずつ。1回目はお姉さんに、2回目は妹さんの膣に注入してきました。

もし、双子ができちゃったら一気に4人だ!などというアホな考えで、興奮は高まりまくりで、最高でした。

 

ところで、彼女達に出会ったいきさつを説明します。
興奮と喜びのあまり、順序が逆転してしまいましたね。失礼しました。

家出少女が神待ちしている掲示板、ありますよね?これまで使ったことはなかったのですが、先日、初めてアクセスしてみたんです。主に食事をおごってあげると、それだけでエッチができちゃうというので、下手に風俗にいったり、援助交際をするよりも、はるかに経済的だと思いました。

とある女性の書き込みに、こんな内容が。
「いま、家出をしていて、食事とか宿に困っています。普通のセックスには飽き飽きしている人、楽しいことしませんか?」

普通のセックスしかしたことのない自分には、どういうことをしてもらえるのかわからないけど、興味を持ちました。
「同性愛でもないし、SMとかにも興味はないし、痛いのも好きじゃないのですが、それでも楽しめますか?」

と、質問してみた。


「もちろんです。そういうことはしません。ちなみに、攻め好きですか?」
「いや、攻められるほうがいいかな」
「だったら、ちょうどいいと思います」
「じゃあ、会おうか?今日は今からでも大丈夫だよ」
「はい、わかりました。じゃあ、1時間後に」
「赤いバイクで行くね」
「あ、いや、その、バイクはやめてください」
「怖いの?安全運転だから平気だよ?」
「ええと、そういうわけじゃないんですけど」

バイクごときでせっかくの出会いを失っては困る。
「わかった。バイクじゃなくて、電車でいきます」

こんな具合で、1時間後に渋谷で会うことにした。そわそわしていると、「こんにちは」と、少女が挨拶してきた。その瞬間、目を疑った。というのも、そっくりなふたりが、同じような服を着て、同じ髪型で、同じ笑顔でこちらを見詰めていたからだ。


「え、あれ?どうして?なに?」
慌てる私に、同じ高さの笑い声で「ふふふ」と笑った二人。
「私たち、双子なんです。ふたりも相手だと、大変ですか?ちなみに、私たち小食だから、ご飯はひとり分をわけて食べるから大丈夫です」
とにこにこしている。

これって、もしかして3P?
普通のセックスではないというのは、3Pということか!

食事をしている間ももどかしく、急いでかきこんだ。

 

そしてラブホに移動して…。3名以上はNGかと思ったけど、女性2名と男性1名ならOKというホテルが多いんですね。どうやら風俗店の利用が多く、SMとか、3Pとかする人のために、ホテルもOKしているらしい。

そしてそのあとは…。
かわいい双子ちゃんに、注入!!!

 

家出少女掲示板初めての利用で、ここまでの体験ができるとは、俺の一生の運を使い果たしたような気がします。

 

 


神待ち掲示板を選ぶ

他の体験談も見る

体験談を随時募集中!

本サイトでは当サイトで公開しているノウハウを使った出会い系を使ったHな体験談を募集しています。 

 

家出少女とのエッチな体験談はこちら

 

神待ち掲示板プチ家出サイトTOP

PAGETOP