体験43 デートだけの子は「家出少女」、やらせてくれる子は「出会い系家出少女」

管理人様

こちらのサイトを参考に、いろいろと遊んでいます。
赤信号(32歳)です。

 

これまでの数知れぬ女性とエッチなことをしてきましたが、とくに若い女の子と遊ぶのが最高ですね。とくに、ここ数年ですが、若い人を中心になかなか仕事がないこともあり、家出をしている人が増えているんですよね。

最近の若い子は、就職できないとなると、とたんに働く意欲を失ってしまうようなんです。

少し前の子なら、風俗やキャバクラに仕事先を見つけて、自分の生活費くらいは何とか稼ごうとしていたんですけどね。

 

まあ、援助交際が当たり前になるとわざわざ管理の厳しい風俗店や水商売を選ぶ理由はないですよね。

その反面、見ず知らずの男性と遊ぶことに対して抵抗を感じなくなっているようなんです。家出少女が目立ち始めたのは数年前からです。

 

ただ、その頃は男性と会って、食事をして=食事をおごってもらい、カラオケに行ったり…という、デートまででおしまいという女の子が多かったんです。なので、私はこういう女性のことを単に「家出少女」と呼んでいたのですが、近頃は傾向が変わってきましたね。

 

ずばり、セックスをするのが当たり前になってきたのです。いうなれば、「出会い系家出少女」という感じです。

家出少女の絶対的数が増えていますので、つまり供給過多なんです。それに、近頃は簡単にエロ動画を見られますから、年齢や性別を問わずにエロ動画に触れる機会が増えているんですよね。

事実、この間であった「出会い系家出少女」であるももかちゃん(21)の話を聞くと、こんな感じでした。
「初体験はいつなの?」
「中学一年生のとき」
「めちゃくちゃ早くない?」
「そんなことないよ。基本的に、イケてない女の子は高校生になるまで体験なくて、15歳までに済ませないと、その後の人生で男探しに苦労すると言われていて」
「じゃあ、そのあとはやりまくり?」
「いわゆる恋愛関係はほとんどないんだけど、高校に上がってからは、遊び代とか洋服代とかは援助交際で稼いでいたからね」
「エッチに抵抗はないの?」
「は?だって、気持ちよくてしかもお金がもらえるんでしょ?むしろやらない理由を聞きたいくらいよ」

と、まあこんな感じです。男性の我々が思っているほどに、若い女の子のセックスへの抵抗はないようです。

ももかちゃんも、


「家出少女掲示板に書き込んではいるけど、家出しているとか、特別な印象はないんだよね。この掲示板の場合、食事とか宿とか、必要なものを提供してくれる男性が利用しているから、エッチで生活をしている私たちにはちょうどいいんだよね」


と、生活のためならセックスは厭わないとのこと。

事実、ホテルに入るときには俺の方が緊張している感じでした。
男と遊びなれているからか、年齢の割りに対応がうまい。風俗嬢と似ている感じですかね。俺のちんちんを見てもあまりリアクションがないし…。

 

その点は初心な女性を求める人には物足りないかもしれませんが、やるべきことをわかってるし、だいたいこちらの要求にも応えてくれるしね。

 

たしかに、「それなら風俗と変わらないじゃん」と思う人がいるかもしれませんが、ぜんぜん違います。

正直、風俗で働いている子は、いやいや働いている場合も多いですよね。借金を返さないといけないとか。だから、はっきり言ってブスだけど体を売り物にしているやつがいる。でも、家出少女掲示板は、かわいくて、それでいてセックスに身を投じてもかまわないと考えるこが多いので、その質の高さに驚くはずです。

しかも、総じて年齢が若いです。


若い子ばかりが集まるサイトに、年増な女が、いくら家出しているといっても来るはずないですよね?類は友を呼ぶ、ということで、とにかく若い子が多いです。

 

そして、若い子が多いから、年齢だけでは男性をひきつけられずに、サービスが過激になる!

もしかしたら、新しい風俗の形態かもしれませんよ!

 

 


神待ち掲示板を選ぶ

他の体験談も見る

体験談を随時募集中!

本サイトでは当サイトで公開しているノウハウを使った出会い系を使ったHな体験談を募集しています。 

 

家出少女とのエッチな体験談はこちら

 

神待ち掲示板プチ家出サイトTOP

PAGETOP