体験79 「スクール水着」をオプションで売ってくれる神少女に会えた!


管理人様

掲示板、楽しく拝見しとります。
あそこ立ちぬ、28歳です。

自分は市の清掃局で働いています。
仕事自体は安定しているように思われますが、しかし、仕事は超きついです。特に、夏のこの時期、ごみ収集は熱と太陽でムレムレの匂い立つゴミを大量に集めなければならないので、肉体的にも精神的にもきついです。

しかも、清掃局の制服のまま定食屋とか中華料理屋に昼飯を食べに行くと、別に汚いわけではないのに、他のお客からは白い目で見られて席を空けられてしまうし、清掃車を運転していても、後ろからあおられたり鳴らされたり、ろくなことがありません。

本当は、最新のスマホとかアイパッドとかを片手に、スーツを着込んで夜景がきれいなレストランできれいなお姉ちゃんと食事したり、映画を見に行ったりしたい!

ただ、いわゆる出会い系サイトとか、セフレ募集サイトの場合、いくら体だけの割り切り関係とは言っても、相手とある程度の期間はメールをしたり、電話をしたり、恋愛に似たお付き合いらしいことをするわけで、肉体労働者系だということがばれたり、しかも清掃局で働いていることがばれると、「それって、ラブホの後始末とかと変わらないじゃん」と、軽蔑されるのがオチです。

同じことはは、風俗嬢でも言えますね。何度か通って親しくなると、「お客さん、どんな仕事しているんですか?」という話になる。風俗嬢って、女版の肉体労働の典型ではありますが、彼女たちは金の亡者で、男的にはやや痛い感じのする、間違った上昇志向だけは無駄に高いです。なので、仮に親しくなって店外に誘おうとしても、俺みたいな職種の人は絶対にアウト。

そこで、ある意味究極の一回限りの出会いともいえる、「家出少女掲示板」を使ってみようかと思ったんです。こちらのサイトでも、皆さんがどうやってかわいい神待ち少女に出会って、だいたいどのくらいの出費で、どんな流れで誘えば女の子とセックスとかフェラとか、おいしい思いができちゃうのか書かれていたので、参考にしました。

出会い系とかセフレの場合、女性が男性に求めるのは、その場限りのお金、非常に刹那的なものなんです。相手の男性がよほど不潔だとか、きもいとかいうことがなければ、まず間違いなくついてきます。たとえば、「1万円」は単なる1万円なんです。エリートサラリーマンがささっと稼ぐ1万円でも、俺みたいな肉体労働者が汗水たらして稼ぐ1万円でも、彼女たちには同じです。

「岡山から家出をして、大阪、名古屋、静岡と点々としていて、横浜にたどり着きました。が、友達は岡山にしかいないし、関東で知り合いがいないんですよね。家から遠いところに来て解放されるのはいいんだけど、金がない…」

こんなな書き込みをしていたのは、19歳になったばかり、今年の春までJKだったみさきちゃん。バストが大きめで、肉感のあるボディがそそります。写メで自分撮りしているけどホント、よく撮れています。

「家出の資金はどうやって稼いだの?」

メッセージ交換の初めに、さりげなく質問をして、場の雰囲気を柔らかくするようにしました。皆さんの投稿を見ていたとはいえ、どういう展開になるのかわからないだけに、俺も本当に緊張したんです。コレ、結構いいと思います。あまりにガツガツしすぎると、女の子は引いてしまうので…。

「高校時代の制服とか、下着とか売っていました。といっても、制服なんて1着しかないし、一応私立高校だったけど、岡山の田舎の学校だから、渋谷とか目黒とかのおしゃれな女子高とは全然違うので、値段も安いし」
「ほかにどんなものを売っていたの?」
「私服も売っていたし、中学時代のリコーダーとかも」

世の中の男性、女性の体液がしみ込んだものなら反応するんですね…。かくいう私も、スクール水着には並々ならぬ関心を持っていて…。別に、小学生とか中学生が好きというのではなく、あのやぼったい水着が、女性の胸とかアソコを包んでいることを思うと、興奮するんです。下着ではなかなか興奮しないんですけどね…。

「ところで、スクール水着は持ってないの?」
と質問すると、みさきちゃん、
「荷物に入ってますよ。でも、こんなもの好きな人いるのかなと思っていて、捨てちゃおうかと思っていたんです。」

おいおい、もったいないよ!頼むから、捨てないで!

そして、みさきちゃんとのメッセージを何度か交わしているうちに、だいぶ親しくなってきたので、ここで思い切って切り出してみた。

「スクール水着を着て遊んで、その後もらえれば、少しお小遣いもあげるけど、どう?」

時計を見ると、まだ夕方5時。自宅のある川崎から横浜まで、30分もあれば出られる。

「いいよ。もちろん。最初は夕飯だけご馳走してくれる男の人待っていたんだけど、スクール水着でお金くれるなら、みさきもうれしいし。ぜひぜひ」

ということで、簡単に落とせました。

食事中もホテルの中でも、俺の仕事のことは全然聞かれませんでした。みさきちゃんからすればとりあえず飯にありつけて、水着代をもらえればそれでいいのです。

水着を着たまま一緒にシャワーを浴びて、そのままベッドでプレイして…。ぬるぬるになった水着は、部屋で乾かしてから持ち帰りました。ちなみに、宿に困っていた彼女のために、ラブホに泊まって帰りました。なので、一晩、3発いけちゃいましたけどね。

たぶん、職種を言った瞬間に女性の目がハートになるような仕事をしている人ってそんなにたくさんはいないと思うんです。お金もないしね。パチンコで掴んだお金でも、家出少女にとっては同じです。

俺みたいな仕事とか、自分のスペックにコンプレックス持っている人には、セフレ募集でも、風俗でもなく、家出少女掲示板がおススメです★



神待ち掲示板を選ぶ

他の体験談も見る

体験談を随時募集中!

本サイトでは当サイトで公開しているノウハウを使った出会い系を使ったHな体験談を募集しています。 

 

家出少女とのエッチな体験談はこちら

 

神待ち掲示板プチ家出サイトTOP

PAGETOP