体験92 全国各地で神待ち中の“ダーツのプロ”、24歳


管理人様

このたび、サイトを活用させていただいた、甚五郎(23歳)です。

東京下町にある、アパレル卸売店で倉庫作業をしています。

冬のこの時期、華やかな街中や楽しげなテレビ番組、着飾ったギャルたちを見ていると、
右手一本で愚息を慰める悲しい人生が、より一層惨めになってきます…。しかも、この時期の職場はお正月のセールに備えた検品や品出しで深夜まで作業することも。

仕事とはいえ、ホント、頭にきます。

そんなときに管理人さんのサイトを拝見したんです。
「俺みたいに、まだ若くて女に困っている男がいるなら、それと同じように若くても何かの事情で男に困っている女もいるはず」

こんな当たり前のことに、これまで気づかなかったのです。

そこで、代休をもらった平日の午後、神待ちしている女の子が集まると評判の家出少女掲示板にアクセスしてみました。正直、こういうサイトを利用するのも初めてだし、風俗も未経験だったので、かなり緊張しました。

でも、実際にアクセスすると、いかにも普通な感じの女の子が集まっていて、写メをアップしていたりプロフをアップしていたり。LINEとかFacebookとかと同じような感覚で利用している印象です。

しかも、女の子の方が男を求めている状況なので、異性関係にしてはかなり珍しく、「男性優位」といえる状況に、驚愕しました。

実際、俺が会うことになった24歳の女性の場合も、俺が「今日の夜はどう?」とアプローチをかけたら、速攻で返事が来たのだ。

「自宅は宇都宮にあります。実家暮らしです。実は、ダーツのプロなんです。でも、それだけでは稼げないから、単発のバイトをしています。普段、試合で全国のいろんな街を転々としていて…。今札幌にいるのですが、今度の週末は横浜で試合があるので、今日の夕方、羽田まで飛行機で戻ります。でも、東京って宿泊費が高いんですよね…涙。なので、今日、会っていただけませんか?お礼はお金ではできませんが、ご希望に合わせたプレイをします。こういう場面に備えて、学園系のコスプレなら荷物の中に入れてあるので、対応できます」

といった感じだ。

待ち合わせ時間は午後5時半。新橋駅にしました。飲食店も多いし、ラブホも少しあるからちょうどいいかなぁと思って。そして、時間通り、5時半少し前にキャリーケースを持って現れたのは、超美脚、しかも165センチはあろうかという長身の美女。サラリーマンの多い新橋の中では、目立ちすぎます。

ひとまず、駅前の居酒屋に入りました。

「明日は夜まで試合がないので、ゆっくりできます」

と誘ってきたのは「ルイちゃん」。駅で見た美脚が頭から離れず、アソコはビンビン。
「コスプレは何を持ってるの?」
「スク水と、セーラー服と、あとルーズソックスかな…」
もともとスク水が大好きで、しかもルイちゃんの美脚なら、それだけで1週間は抜きネタに困らないだろう。

ルイちゃんとの会話から察すると、コスプレでエッチができるのは間違いない!でも、どこでする?しかも、明日も午後まで暇だと言っているんだから、泊りでOKというサインだろう。しかし、俺もあまり金がない。居酒屋でも、正直、あまりたくさん飲まれたり高い料理を注文されると、来週からの食費を節約しないといけない…。

「泊まるところ、決まっているの??」
と尋ねると、まだ決めていないらしい。そこで、思い切って誘ってみた。
「うち、来る???」

ワンルームマンションでユニットバスだし、シングルベッドしか置いてないし、場所としては貧弱だ。

「いいんですか?いつもホテル住まいで。ホテルはなんだかよそよそしい感じで冷たいから、人が住んでいる感じのする家って、好きなんです!」

と笑顔になるルイちゃん。ダーツの試合で全国を旅して暮らしているから、家出サイトで男性と出会ったり、ナンパされたり、比較的男性とのエッチなことには慣れているのでしょう。

そうと決まれば話は早い。居酒屋も、最初の1杯とつまみだけで切り上げて(1600円)、地下鉄で自宅に直行!家の冷蔵庫には酒は入っているし、マンションの下にコンビニが入っているから、食事はそこで買えばいい。

部屋に着くなり、ルイちゃんの生脚&スク水が待ちきれず、即着替えをリクエスト。

その間に部屋を掃除したり、先にシャワーを浴びたり。

「お待たせ★」

と登場したルイちゃん、雑然とした俺の部屋の中にあっては、雑草の中に咲く一輪のバラの花のような美しさ!我慢できずに押し倒し、生脚に頬ずりして、アソコをスク水の上から触ったり舐めたりして…。

「ごめん、ゴムないんだけど…」

というと、「そのままでOKよ」というので、人生初の生で挿入!長くてきれいな脚の間に体をうずめて、腰を振って…。BGMに掛けた曲がちょうど終わるころに、お腹の上に発射!たぶん、発射まで2分くらいかな。

こんな調子で、ルイちゃんと朝まで散発的にハメて、寝て、食べて、飲んで、ハメて…。

翌日午後から仕事だったので、ルイちゃんと一緒に家を出て、駅でバイバイしました。まるで、同棲している彼女と一緒に出勤したみたい。

一晩だけでしたが、コスプレ、本番、彼女もどき…と、とにかく幸せな一晩でした。

管理人様、あらためてありがとうございました!

また次の休みに使わせてもらいます!



神待ち掲示板を選ぶ

他の体験談も見る

体験談を随時募集中!

本サイトでは当サイトで公開しているノウハウを使った出会い系を使ったHな体験談を募集しています。 

 

家出少女とのエッチな体験談はこちら

 

神待ち掲示板プチ家出サイトTOP

PAGETOP