体験98 ファミレスで食事の後は朝まで熱い3発


管理人様  いつも楽しく読ませてもらってます。

 

DJさるまた(32歳・ガソリンスタンド勤務)と申します。

 

今回、私も皆さんの体験談を参考にして家出少女と出会い、

一夜の天国を楽しむことに成功いたしました。

 

私は仕事柄女性との出会いがほとんどありません。

職場には男しかおらず、客として来られる女性は私たちなど出会いの対象として

見ないですし、学生の頃につきあっていた彼女と別れてからはずっと彼女がおらず、

彼女いない歴10年になります。

まあ仕事を通じての出会いばかり期待しているわけではないですが、

合コンに行くのも気がひけます。

 

スタンドの仕事がだめだというわけではないでしょうけど、

現場の仕事となると、女性の側が下に見るとか相手にされないのではと思って

なかなかそのような出会いを探す場に出向く気にもなりません。

 

そのためか職場の仲間も独身者が多く、

所長などは40代半ばなのに独身で彼女もいないそうです。

セックスは風俗で処理しているそうで、

私もこの先こんな人生を送ることになるのだろうかと今から心配になってます。

 

私はといえば、セックスとは無縁の生活がもう何年も続き、

自分で処理するばかりで、終わった後にこみあげるあのむなしさといったら

いやになるものがあります。

 

一人でオナって処理するのではなく、現実にセックスできる相手がほしいと思ってました。

 

同僚は出会い系で援助目的の女性をひっかけてはセックスしているようですが、

当たりはずれが大きく、はずれた時は風俗どころではないむなしさがあるのだそうです。

 

素人を相手に充実したセックスをしたい、ずっとそう思っていたところにこの掲示板を

見つけ、内容を参考にしながら家出少女をゲットすべく何人かにメールを送りました。

 

条件は、18歳以上であること、そして、車で1時間以内に移動できる範囲内にいること、

この2つです。その条件にあてはまる何人かにメールを送ったところ、

そのうちの1人からすぐに返信が届きました。

 

「困っているのですぐに会いたいです」

 

の文字にひっ迫したものを感じ、

待ち合わせ場所を決めてすぐに車を走らせました。

 

20分ほどで到着して、車から降りてあたりを探すと誰もいません。

もしかしてだまされたのかなと思って車に戻ろうとすると、

 

「さるまた(仮名です)さんですか?」

 

と声をかけられ、

振り向くとロングヘアのよく似合う美形の女性が立っていました。

なんでも、怖そうな人や、不潔そうな人が来たら合わないでおこうと思い、

近くのコンビニの中から様子をうかがっていたそうです。

 

そこに来た私はまともそうな男だったので安心して出てきたのだとか。

これで第一段階はクリアしましたが、まだまだこれからです。

 

「とりあえず食事でも行こうか」

 

と声をかけると、

 

「連れてってください」

 

と喜んで満面の笑みを浮かべました。

車に乗せて、ここに来る途中に見かけたファミレスに向かう道すがら話を聞くと、

昨日の夜にネットカフェでカップラーメンを食べたのを最後に、今日は何も食べていないのだとか。

ファミレスに入って

 

「じゃあ遠慮なくいっぱい食べていいよ」

 

と言うと、

あれも食べたい、これも食べたい、と3品注文してすべてたいらげました。

店を出てから

 

「今夜はうちに泊めてあげるよ」

 

と有無を言わさず家に向かいます。

彼女は

 

「シャワーってありますよね?」

 

とたずねるので、

 

「もちろん」

 

と答えました。

家に着いてからはまず、3日間入浴していない彼女といっしょにシャワーを浴びて、

丹念に全身を洗ってあげました。

そしてそのままベッドに連れていき、まずはフェラをしてもらい、

フル勃起となったところですぐさま上から挿入、

一度発射した後に彼女のカラダをさわったりなめたり満喫してから、バックから挿入してまた一発、

 

さすがに連発で疲れたので朝まで眠り、

朝はまた目覚めの一発を正常位で決めて、車で駅まで送って別れました。

最高です。

またぜひ利用したいと思います。



神待ち掲示板を選ぶ

他の体験談も見る

体験談を随時募集中!

本サイトでは当サイトで公開しているノウハウを使った出会い系を使ったHな体験談を募集しています。 

 

家出少女とのエッチな体験談はこちら

 

神待ち掲示板プチ家出サイトTOP

PAGETOP